人気ブログランキング |
カテゴリ:その他( 115 )
ご報告
いつかは来る日だと思っていましたが、皆様にご報告致します。
私の大切なアンズとスミレ、私のもとから旅立っていきました。

アンズは2018年9月4日、午前4時5分に激しい発作のあと静かに息を引き取りました。15歳8ヶ月でした。スミレは2019年1月24日、午前9時に呼吸が少し荒くなってきたので私が抱き上げたとたんに静かに呼吸がとまりました。16歳5ヶ月でした。ふたりとも私の腕の中から旅立って行ったこと・・・・それだけは良かったと思っていますが、やはり私の中での寂しさ、悔しさ、悲しさは否めません。

アンズは7月24日にお散歩中に初めての心臓発作を起こしました。負担にならないように早朝5時の散歩ではありましたが、それでも散歩は今後は控えるようにとのことで、室内だけのお世話となりました。10歳の時に残り2ヶ月の余命宣告されて、本当にラッキーにも心臓の手術が出来る獣医と巡りあったことでとんとん拍子で手術が決まり、命を救われました。あれから早くも5年。この手術は完治にはならないということは言われていたので、発作が来たときにはある程度の覚悟はできたつもりでした。心肥大も再び進み、心臓の循環機能自体も弱まっていく中、今までの薬よりも強めの心臓薬を投与する以外ありませんでした。それは腎臓の負担の副作用が増すことも知っていました。室内だけのお世話、アンズの足腰も弱まり、立ち上がる際は介助が必要になってきていました。8月半ばになると徐々に食欲も落ちてきていたのですが好きな物は食べてくれていたのは幸いでした。ただ私の過去の経験から、アンズが排尿の際、色素が黄色ではなく透明になってきたことは大きな懸念要素ではありました。案の定腎臓機能の低下が8月後半からでてきてしまいました。腎臓機能の低下で毒素が体内にたまっていく、いわゆる尿毒症・・・昔飼っていた犬を腎臓病で亡くしているので、この病気の怖さは知っていました。どうにかして救いたい一心で、点滴通院をするために毎日のように病院に通い、どうにかもちこたえて欲しいと、神頼みしかありませんでした。9月に入ると尿毒症による痙攣発作が頻発し、私もまた奇跡を起こしてほしいという気持ちだけで日々過ごしていました。9月2日、スミレの誕生日でみんなでケーキを食べることが出来ましたが、このときにはアンズはもう何も食べれなくなっていました。3日の日からは痙攣発作の間隔が短くなり、3日の夜からは呼吸が荒くなり、本当に苦しそうでした。苦しさと戦うアンズを見て、抱きかかえながら傍らで、もう頑張らないで楽になっていいよ、と言葉をかけるだけしかできませんでした。アンズが旅立つまでは翌朝まではずっと傍らで一緒に過ごし、最後の痙攣発作が来たときに私が抱きかかえたときに大きな呼吸をして、突然痛みから解放された穏やかな表情になり私も一瞬アンズが戻ってきたと嬉しくなった時に、静かにアンズの炎が消えていきました。最愛の犬を失ったことに涙は止まらず、ただ一方でアンズがあの激しい苦しみから解放されたことは良かったという安堵もありました。

アンズが亡くなったとほぼ同時ぐらいの時期からスミレが突然食欲がなくなりました。スミレの食欲はバロメーター・・・誕生日でせっかく買った誕生日ケーキも食べてくれませんでした。6日にはアンズをみんなでお見送りしてから、次なるスミレの健康管理を頑張らないといけないという思いで獣医に行くと肝臓の数値が危険な状態まであがっていました。本来ならば入院が必要なのですが、高齢ということもあり、毎日の通院になりました。それから定期的の通院治療が始まりましたが、スミレは昔ほどの食欲はなく、少々不安な状態にはなっていました。このときからやたらとヨダレが増えて、口周りの毛が変色したりと健康に陰りが見えてきていました。ただ4月に摘出したガンは幸いにも転移はなく、順調な回復をみせていたので対処療法ですごしていました。
12月7日、普段と変わらない早朝の散歩の最中、バタンと言う激しい音が聞こえて後ろを振り返ったらスミレが意識を失って倒れていました。抱き上げても反応してくれなくて、突然死だと思ってしまいました。抱きかかえて急いで家に戻っている最中に意識が戻りました。その後獣医では脳しんとうと診断されましたが、その後も発作が頻発し、病院でも発作を起こすようになり、その現場を直接見た先生の判断は脳腫瘍でした。余命1ヶ月ほどだろうと言われました。定期的に検査していても、脳だけはのノーマークでした。この年齢での発作は遺伝的なてんかん発作ではなく、腫瘍による発作がほとんどなのだそうです。
12月からはスミレがいつ発作おきるかもわからず、極力仕事をセーブしたり、スミレを一人にすることをさけ日々をすごしていました。12月後半からは食欲が落ち始め、ドッグフード云々というレベルではなく、とにかく食べれそうなものを与えて体力低下を防いでいました。
12月の繁忙期をどうにか無事乗り切り、私も1月からはスミレの介護に大半をさいていた気がします。すでに自力では食べることも難しくなってきて、シリンジで強制的に与えていました。食べたくないものを強制的に与えるということは自分自身との葛藤でした・・・・また持ちこたえてくれればいいけれど、そうでなければ嫌がるスミレに負担をあたえているだけではないか・・・と自問自答の日々でした。
1月中旬からは腫瘍による脳機能の障害なのか、足がもつれるようにもなってきて、時折息づかいも荒いときも見られるようになっていました。ただ自力で歩いたりすることは出来て、体重も落ちることなく、見た目は元気なスミレでした。
1月24日、この日も仕事・・・そろそろ行かないとと思っていたときに、スミレを見たらボーッと座ったまま、ハアハアしていたのが気になって、私が声をかけて、抱き上げたとき、しばらくしたら手にドクッと振動を感じたのを最後にスミレの身体の力が抜けて、私のスカートがスミレの最後の排尿で濡れていった瞬間に、ああこれでお別れだと悟りました。ただただ涙だけがあふれていました。

思えば夏からずっと介護に追われていた生活でした。
いまでも二人が使っていたフードボール、最後にはいていたオムツ、使っていたブランケット・・・すべてそのままです。
スミレが大好きだったアンズ、きっとアンズもひとりで寂しかったんだと思います。きっと今はふたりで美味しいのたくさ食べて笑顔で楽しくすごしていると思っています。私が泣いているときは必ず横に来て、涙を拭き取ってくれた優しい子でした。食い意地だけはすごかったけれど・・・本当に優しいレディーでした。

スミレは我が家に新顔が入っても、仲良くしてくれて、つねにリーダーでした。威厳もあったし、他のこと喧嘩することはほぼありませんでした。息子もスミレを一番大好きで、そんな息子にもいつも優しく接してくれていたスミレです。今思えばスミレは他のわんこのリーダーだけではなく、私のリーダーでもありました。私の心の支えでした。いつしか私の大切な相談相手でした。
二人を失って、ぽっかりあいた穴は大きいです。

俊もくるみも14歳、ふたりともあっという間に老化が進んできたこの頃・・・これ以上立て続けに大切な家族を失いたくないからまた頑張りたいと思います。



e0149903_15560722.jpg
e0149903_15565092.jpg
e0149903_15570106.jpg
e0149903_15573770.jpg
e0149903_15575135.jpg
e0149903_15580773.jpg
e0149903_15583200.jpg
e0149903_15584875.jpg
e0149903_15590320.jpg
e0149903_15591981.jpg
e0149903_15593849.jpg
e0149903_15595154.jpg
e0149903_16001014.jpg
e0149903_16002465.jpg
e0149903_16003838.jpg
スミレとアンズに出会えたこと、一緒の時間を過ごせたこと本当に幸せでした。楽しい思い出いっぱい残っているし、これからも私の中で一緒にいると思います。言葉では言いあらわせないほどのありがとうでいっぱいです。
e0149903_16222757.jpg

by sumianzushun | 2019-05-14 16:02 | その他 | Comments(0)
私からのプレゼント

老犬になるとほとんどの時間寝てすごしています。そんなみんなに快適なベッドを用意してあげたい・・・
そんなことからずっといろいろと探し歩いてきました。あごが乗せることのできるあご置き台があるようなベッドがいい、俊のサイズでも手足を伸ばして寝ることの出来るベッドがいい、老犬になっても簡単に移動できるように低めの設定のものがいい、失禁があるので、清潔にたもてるものがいい・・・なんて条件がいっぱいあったのですが、なかなか見つからない。多少デザインとか、他の条件を妥協すれば3万円ぐらいでもあったのですが、結局3万円ぐらい出すならやはり納得した物を買ってあげたいと思いはじめて、昨年暮れにようやく見つけちゃいました。
オーダーメイドの犬用ソファー。今年になって届きました。
素材に関してはHPで掲載されている意外にもたくさんのカラーがあって、カラーサンプルも送って頂けて自分で好みの色を選択できました。
これからどれだけみんなと一緒に過ごせるかはわからないけれど、このプレゼントが快適な生活をみんなにもたらしてくれたらいいなって思っています。
そうそう、こんど可愛い生地でクッションとマットも作ってあげたいなあ・・・と、なかなか時間がないんだけれど・・・




e0149903_14493647.jpg



by sumianzushun | 2018-02-03 14:56 | その他 | Comments(0)
サクッと近況報告♪


最近ブログアップデートできていない・・・仕事も復帰して、日常の生活と子供の世話などでなかなか時間が見つけられないのと、新しい画像編集ソフトを使いこなせないのでブログから遠ざかってしまう自分がいます~
いつしかこのブログは私とワンズの大切な思い出の記録ブログ・・・頑張ってアップしていかないと。

とりあえず本当にざっくりではあるのですが、ここ最近で出かけたものの一部、そしてほんの一部の写真をアップすることにしました。
子供が生まれてからは日々追われるような生活、それにゆっくりとカメラ構えている余裕もなくて、素敵な写真が少なくなっている。でも今こうやってみんなが元気ですごせているからこそみんなでの写真は出来るだけ撮影するようにしています。中でも家族との写真・・・とっても大事な宝物の写真です。

アップデートした写真以外にも素敵な写真もたくさんあるし、他に出かけた場所もまだいっぱいあるけれど、またそのうち時間を見つけて詳細はアップデートしたいなあと思っています。
私の犬達もみんな老犬・・・でもみんなの体力が続く限りワンズとはまだまだたくさんの思い出を作りにいっぱい出かけたいと思っています。そして新たに加わった子供の成長のためにも全員で何かをできたらいいなと感じるここ最近です。

e0149903_20281542.jpg
e0149903_20293883.jpg
e0149903_20385030.jpg





by sumianzushun | 2017-10-05 20:31 | その他 | Comments(0)
2016年上半期の出来事
2016年も半年が過ぎました。色々なことがあり、あっという間に9月になっています。
1月に入ってからアユはあっという間に弱って行きました。免疫力の低下とともに皮膚病も悪化して、あっという間に脱毛がひどくなったと同時に自力で立つこともできなくなっていきました。完全介護という生活が続きましたが、私の母親もほぼつきっきりでアユのお世話をしていました。私はというと1月から3月までは休み返上しながら仕事で忙しくすごしていました。
この桜の写真は、毎年桜の時期に訪れる王禅寺古里公園での写真です。3月4日の写真です。アユは寝たままの状態でしたがそれでもまたみんな一緒に公園に来てベンチでお昼ご飯を食べて過ごせたこと、嬉しかったです♪桜を背景にアユとの写真・・・最後の思い出の写真となりました。
e0149903_11003488.jpg
3月の下旬から私は仕事をお休みをいただきました。実は・・・・産休だったんです。私・・・かなりの高齢出産なんですが・・・どうにか何事もなく産休までたどり着いた感じです。仕事がなくなってからは私も自宅でつきっきりでアユの介護生活でした。本当にアユ寝たきりで自力で食事もできないので毎食をシリンジで与えていました。
そこまでするのは犬にとっては余計に可愛そうではないのか、という意見もあるとは思いますが、それでもお肉を見せれば必死で顔を持ち上げようとするし、目で何かを訴える仕草がある以上やっぱりずっと生きていてほしいという思いからです。こうやって他のワンズたちも自然とアユの横に集まってきて・・・やっぱり全員がそろって家族なんですよね!私もちょうど産休だったので、幸いにしてこうやってアユのお世話がずっとつきっきりでできたことはタイミングが良かったと思っています。
e0149903_11005579.jpg
アユは5月15日の朝、私たちのもとを去って行きました。実は私の母親が長期で留守だったのですが、14日に戻ってきてアユと再会をした翌日のことでした。アユはずっと私の母親が戻ってくるのを待ってくれていたんだと思っています。本当に最後の最後まで健気に頑張ってくれて感謝の言葉しかみつかりません。アユは10歳のときに迎え入れたので7年ぐらいしか一緒に過ごしていませんが、それでもたくさんのことを一緒にして大切な思い出を残してくれたと思っています。
そして5月後半には私の出産が控えていました。が・・・・だいぶ遅れてしまって、6月に突入してしまいました。
私の誕生日は6月2日なのですが、無痛分娩のはずが1日から陣痛が来てしまい、2日は丸一日病院のベッドの上で麻酔と点滴で終わっていました。正直・・・かなり辛かったです。体中がむくみまくって食事もできず、水分も飲めず・・・寝たきり状態。違う意味で思い出に残る誕生日だった気がしました。そしてようやく3日の午後に誕生しました。2900gの男の子でした。
e0149903_11010656.jpg
無事に3カ月を迎えて、私もだいぶ生活リズムができてきました。犬たちとも最初はどうなるかと思っていましたが、お互い無関心で過ごしてくれています。上半期は妊娠中ということもあってお出かけができなかったのですが、また夏が終わり涼しくなったらワンズを連れてたくさん遊びにいきたいなあと思っています。
ちなみに保育園・・・・見つからないんですよね~、仕事復帰も控えているし、現在頭抱えている状態です。






by sumianzushun | 2016-09-08 11:07 | その他 | Comments(6)
アユありがとう。
こんな日がいつかは来るんだ・・・なんて思っていましたが、現実に直面すると正直とってもつらいです。

5月16日11時30にアユが静かに天使になりました。17歳7カ月でした。

私がアユと初めて出会ったのは2008年の12月でした。ウエス好きな私にとってはとっても気になる存在だったのですが、テリアらしい気質の持ち主・・・・とっても淡々としていたし、荒い一面も持っていたアユ。当初は私にあんまりなついてはくれなかったけれど、それでも私にとっては特別な存在だったアユ。
2009年6月の10歳を目前にアユは里親募集となり、私にも声がかかりました。すでにスミレとアンズ、俊がいた我が家・・・みんなと上手に過ごせるかがとっても不安でありながらもスミレと対面させてみたら、やっぱり・・・ガブリ・・・とスミレを襲っていました~
そんな状況の中、私の両親もちょうど犬をほしがっていたこともあって、話があっという間にすすみトライアルスタートとなりました。我が家に来た当時はやはり何度かスミレと俊とアンズと喧嘩しちゃっていましたが、全員集団生活には慣れている子たちばかりだったので、しばらくしたら仲良し姉妹となっていました!
正式に譲渡が決まり、アユは私の実家や我が家に滞在したりと楽しい生活がスタートしました~

その後はアユを連れていろいろな場所に遊びに行って、今は楽しかった思い出ばかりが頭の中をかけめぐっています。
まんまるの目、がっちりした体、ぶっとい尻尾、運動神経ゼロとも思える鈍さ・・・どれをとっても本当にチャーミングな自慢のワンコだったアユ。
14歳で脳腫瘍が分かり、その後は発作が多々あったり、投薬治療で通院がずっと続いていました。それでも頑張って闘病を続け、驚くほどの長寿を達成。そんなアユも昨年末ぐらいからあっという間に脱毛が始まり、歩くことも困難になり、今年に入ってからはほぼ寝たきりになってしまいました。
食事も自力で食べることもできず、毎日シリンジでの流動食、トイレも寝たままの状態・・・・完全介護となりましたが、それでも私たちにとっては息をしていてくれれば十分でした。そして、大好きな肉を見せれば必死に首を持ち上げて食べたいと意思表示をしてくれたこと・・・こういった些細なアユの反応がすごい嬉しかったんです。
腫瘍が体中にでき始めて、最後苦しむところだけは見たくない・・・なんて思っていましたが、亡くなる朝はアユをとっても大切にしていた母親が与えた朝食を食べて、静かに旅立ちました。
最後まで本当に良い子で、その健気さにアユのやさしさ、我慢強さを感じ、ただただありがとうと言う言葉だけしか見つからない状況です。

17日に両親と私が見守る中、たくさんの花に囲まれて、アユが一番お似合いの洋服を着て、カルビ肉や薄切り牛肉、鶏肉のササミ、さつまいも、リンゴなどを詰め合わせたアユが大好きな食材いっぱいのお弁当箱を持たせて天国への旅へと出発していきました。
小さな骨壷がひとつありますが、私も両親もまだ実感はできないでいます。
7年間の時間・・・・たくさんの思い出がいっぱいだよ~、またあのムチムチした体をギューっと抱きしめたいよ・・・アユが遠くへ行ってしまったという感覚持てないでいます。
アユ・・・・本当に素敵な時間をいっぱいありがとう。

アユの弱っている姿、旅立つ姿は私たち家族の心の中にしまっておきますね~、写真は私がお気に入りの今までのアユの元気な姿・・・・・本当に可愛いお顔のウエスティーでした。

アユ・・・今は寂しいよ~、でも・・・本当にありがとう~
e0149903_2252818.jpg

e0149903_21352182.jpg

by sumianzushun | 2016-05-24 23:12 | その他 | Comments(6)
Laundrin
実は私においにはこだわりがあるタイプなんです~、香水とかも大好きなんですが、柔軟剤の香りもかなりこだわりがあります。とはいっても、今までこれだー、と思うような柔軟剤には出会ったことがなく、新しいものが発売されればそれを試していのですが・・・先日久々のヒットが出ちゃいました~
Laundrinの柔軟剤、No7です。これなんだかはまる香り~
洗い終わったあとも香りが残ってくれているし、特に犬臭がすごい我が家にほのかな甘い香りをもたらしてくれています!良かったら試してみて下され~
e0149903_14511795.png


アユは寝たきりです。食事も自分では食べれないので流動食を作って朝、昼、夜と与えています。トイレも寝たままの状態だけれど・・・それでもこうやってアユの温もりを感じていられることは幸せだと思っています。そしてアユ自身も身動きがとれなくても、お肉とかを鼻先に持っていけば頑張って首を持ち上げて食べようとするしぐさも見せてくれて、アユなりに一生懸命に意思表示してくれています。アユ、まだもうちょっと一緒に過ごせますように!そして、他の犬達もこうやってアユのベッドの周りでチョロチョロして気遣ってくれている感じ♪
みんな家族なんだよね~
ちなみにアユはたくさんの薬も飲んでいるし、シャンプーもできないし、皮膚病もあるので、鼻をつくにおいがしますが、このLaundrinで毎日アユの着衣、毛布をお洗濯♪とってもいい香りだし、アユも気に行ってくれていればいいなあ~、なんて思っています~
e0149903_14512859.jpg

by sumianzushun | 2016-04-17 15:15 | その他 | Comments(0)
2015年の出来事 Part IV
e0149903_1633257.jpg


私が骨を買ったお店はここ→ Lovely Bone






by sumianzushun | 2016-04-03 15:42 | その他 | Comments(0)
捨てられない雑誌
2015年の話題からはちょっと一休み~

先週からちょっとまとまったお休みをいただいています。今まで仕事やお出かけなどで忙しくて放置していた掃除。正直何から手にかかったらよいのか・・・・と途方に暮れるようなような感じで一つづつ片づけています。仕事関係の本は毎月購読していて、それが5年分たまっているし、洋服は捨てるよりも買うほうが多く、クローゼットが飽和状態~
思い切って捨てるぞーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、気合を入れて取りかかりました。

掃除を始めると必ず古いアルバムや本を手にとっては読み始めてしまって・・・想定した以上に時間がかかるのは私だけ??洋服は勝手に試着大会が始まるし・・・駄目だ、駄目だ・・・なんて思いながらも時間だけは刻々と過ぎて行く最悪なパターンに陥っていました。
でも、悪いことだけじゃあなくて、こんな本も見つけちゃいました。これだけは絶対に捨てられない本・・・
これは俊の妹と弟が雑誌に掲載されたときのもの!ちなみにちょっと小柄な子はキース仲間ならご存知のコロンちゃんです。そして俊の実のママ、今は亡きジュエルちゃんなんですよ。
実は最近俊も11歳を目前に体力が落ちてきています。涙やけも目立つようになってきているのですが、こうやって見るとジュエルちゃんに似てきているんですよ~
俊の実の兄弟の1頭はかつてはショードッグで活躍していたけれど、確か今は引退しているけれどどうしているのかな?他の行方不明の3頭はどうしているのかな?俊の弟はどうしているのかな?と、さまざまな思いに浸りながら雑誌をみていました。


と・・・・・・・・・・・私の仕事は部屋の掃除・・・・こんなに思い出に浸っていないで掃除頑張らないと~
正直、さきはかなり長いぞ~、いつ終わるかな??


e0149903_8202920.jpg

by sumianzushun | 2016-03-16 08:24 | その他 | Comments(0)
リオ君、ありがとう。
先日までは元気だったリオ君、突然の旅立ちでした。
正直、何が起こったの?現実を受け止め難かったです。
ブログ仲間でもあったキースホンドのリオ君が亡くなりました。一度だけオフカイでもお会いしてとっても可愛らしいキースホンドの男の子でした。
傍らでずっと見守っていたママさん、兄弟犬のジェイド君・・・・辛かったよね。
でも、リオ君は優しいママさんの子供になれて、頼もしいジェイド君と兄弟になれたことは本当にうれしかったと思っています。感謝の気持ちいっぱいで旅立ったと思います。

きっと今は天国で美味しいものいっぱい食べて、友達と走り回って楽しくすごしていると信じています。
御家族の皆様に少しずつ笑顔が戻りますことを願っております。

地上にいる私たちはリオ君が遠くに行ってしまったこと・・・・寂しいけれど、これからは天国からみんなを見守っていてくださいね。
本当にありがとう!!
e0149903_23143887.jpg

by sumianzushun | 2013-08-20 23:16 | その他 | Comments(2)
ポコちゃんも・・・
また虹の橋を渡ってしまったキース仲間・・・・ポコちゃん・・・
ポコちゃんは大騒ぎをするキースを横目に堂々とかまえていて、お姉ちゃん的な存在だったような気がします。
つい先日、弟のチップ君が先に旅立ってしまったばかり・・・
チップ君とのお別れは辛いけれど、しばらくはママの愛情独占できるはずだったのに・・・あまりに突然のことだったので私も言葉を失いました。
天国で今頃はプント兄ちゃんと久しぶりに再会して、弟のチップ君の面倒を見て・・・いつも通りのポコちゃんらしく過ごしていることだと思います。
御家族の皆様も早く元気になられることを願っております。
e0149903_13341229.jpg

by sumianzushun | 2013-04-04 13:45 | その他 | Comments(1)