本当にありがとう!
術後は血液検査の数値も安定していなく、面会してもだるそうなアンズでした。
最悪にも、週末には輸血をしざるをえなくなり、新たな血栓というリスクが増え、私もどうしていいかわからずとにかく祈るだけでした。
その後も血液検査の数値も悪かったり、ちょっと改善がみられたり・・・安心したり、心配したりの繰り返しでした。週末もずっと酸素室で過ごしていたアンズ・・・とにかく頑張って生きてほしいという気持ちだけでした。
2月13日、夜の7時ごろ先生と面会がありました。
私は土曜日以降は仕事で忙しくて面会はできていなくて、電話での報告を聞いていただけだったのですが、水曜日にはアンズと初めて診察室で面会できました。
そして・・・・・・・・・・・この日に先生が退院をOKしてくれました。
もちろんまだまだ不安定な項目はあるものの、体調が急変するのは病院にいても家にいても同じこと、だったら自宅で安心した場所で安静したほうがいい・・・・というような判断でした。
とにかく、嬉しかったです。そして、本当にアンズを手術してくださった先生方、心配してくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいになりました。私もかなり気が張っていたので、退院が決まった時は本当に体の力が抜けた感じでした。
もちろんこんな大きな手術をしたので、まだまだ普通の生活には戻れませんが、それでも自宅で一緒に過ごせると言うだけで本当にうれしかったです。
e0149903_2001830.jpg
e0149903_200381.jpg


手術前は毎晩アンズの苦しそうな呼吸に私も優しく声をかけてあげることしかできませんでした。
呼吸が苦しい時はフカフカの毛布だと余計に苦しさが増すようで、今年に入ってからはずっと固い床の上でしか寝ませんでした。それでも何度も寝場所を変えて苦しさを紛らわしていたアンズ・・・・そして食欲もなくなってきて、残すことも多々ありました。胸部も怖いぐらいにドクン、ドクン上下に動いていて、心臓がいつ止まってもおかしくないぐらいになっていました。
手術を終えて家に戻ると、本当に静かな寝息、フカフカの毛布の上でゆっくりと寝てくれています。
食欲・・・・以前と同様に「これこそアンズの食べっぷり~」って感じであっという間に完食しています。
ちなみに、食事の支度をしていると待ちきれないようでピーピー言うし、本当にアンズの行動ひとつひとつが今は私の感動になっています。

これからはかかりつけの獣医には毎週通って定期的な検査をしなければいけないし、1カ月目、3ヶ月目、6ヶ月目・・・という節目には大学病院で全体的な検査が必要なのでしばらくは獣医に通うことになるので忙しくはなりますが、それもアンズが戻ってきてくれたからこその忙しさなので頑張ってやっていきたいと思っています。

本当にいろいろな人に励ましていただき、ありがとうございました。
これからもアンズは完治にむけて頑張っていきますね!
[PR]
by sumianzushun | 2013-02-15 20:27 | Comments(10)
Commented by Keesmom at 2013-02-15 21:08 x
心配していましたが、とりあえず一安心ですね。
犬にとってはやはり一番くつろげる我が家が一番。これからも大変でしょうが、共に頑張って下さいね。
大きなオペだったから、色々と心配でしょうし、アンズちゃんが元に戻るまでは大変でしょうが、とにかく大好きな家族と過ごせるのが一番だと思います。どうか皆様もご自愛下さいね。
Commented by ロッシ・ララ父 at 2013-02-15 22:15 x
本当に良かったです。ほっとしました。
アンスちゃん、がんばりましたねー。美味しいものを沢山食べて元気になって下さい。
本当に良かった。
Commented by 【M】 at 2013-02-15 22:45 x
本当に良かったです!(涙)
アンズちゃん、ホントによく頑張りましたね。
そして、ご家族もやっと少し安心出来ますね。
術後の介護は大変でしょうけど、一緒にいられて
傍にその存在を感じられ、そのぬくもりに触れていられるのは
何よりの幸せです。
食いしん坊さん復活♪♪美味しいものタラ腹食べて
早く・・いや、ゆっくりでも良いですから
確実に元気になってって下さいね。
Commented by ダンハレまま at 2013-02-15 23:00 x
よかったー!!
アンズちゃん、よく頑張りました!!
小さい体でよく頑張ったよ。傷跡が痛々しいけど、頑張った勲章ですね。
お家でゆっくり療養してね。
そしてママさんパパさんもお疲れ様です。お留守番兄弟犬もがんばりました!
Commented by hana87-k at 2013-02-18 14:55
しばらくPCにさわってなかったのですがアンズちゃん、こんなに大変な事になっていたんですね。ブログ読みながら涙が出てきちゃいました。大きな手術にそれに伴うリスク・・。スミレままさん、本当に悩まれたと思います。でもアンズちゃんへの愛情が通じたんでしょうね。無事に退院できて本当によかったです!みんなと一緒に過ごせるのが一番のリハビリになるんじゃないかと思います。まだまだ検査など大変だとは思いますが本当によかったですね。
アンズちゃん、ごはん食べられるようになって本当に本当によかったです。お疲れ様でした★
これからよい季節もやってくるしまたみんなでワイワイお散歩している姿を今から楽しみにしてますね!
Commented by sumianzushun at 2013-02-19 13:42
Keesmom san
どうもありがとうございます。
本当に今年に入ってから日に日に急激に悪化していくアンズの体調・・・私もかなり凹みました。
今はまだ安静状態ではありますが、それでも手の届くとロコにいてくれることに感謝する日々です。
Commented by sumianzushun at 2013-02-19 13:45
ロッシ・ララ父さん
御心配頂きありがとうございます。
キャバリアの心臓疾患は本当に多いですね・・・自分の犬がまさかこんなに短い命になるなんて・・・・と、覚悟を決めたほどでした。
でもやっぱりまだ10歳、早すぎますよね。
とりあえずまだ完治までは時間かかりますが、ゆっくりと過ごして行こうと思っています。
Commented by sumianzushun at 2013-02-19 13:48
【M】さん
どうもありがとうございます。
手術あとの管だらけの姿を見た時は、とにかく息だけでもして自宅に戻ってほしいという気持ちでいっぱいでした。途中、経過も悪かった時はとにかくやりきれない気持ちでいっぱいでしたが、やっと今は自宅で私の目の届くところで寝て過ごしてくれていることに感謝しています。粗相しても、吠えてもかまわないからとにかく普通の生活ができるようになってほしいと願うばかりです。まだ完治まではかかりますが、今は一緒にいられる時間が本当に貴重に感じています。
Commented by sumianzushun at 2013-02-19 13:51
ダンハレままさん
ダンテ君も大変なのにご心配いただきありがとうございます。
今回はさすがに私も追いつめられた感じでいましたが無事に退院できたことには感謝の気持ちでいっぱいです。ダンテ君も大変だとは思いますが、是非お互い愛犬が楽しく過ごせるように病気に負けないですごしていけますことを願っています。またブログにもお邪魔しますね~
Commented by sumianzushun at 2013-02-19 13:54
Hanamama-san
ありがとうございます。アンズは本当に今年に入ってから急激に悪化して、手術に至りました。
今考えれば、手術をしていなければもう生きていなかったかもしれないと感じてしまいますが、無事なんとか乗り越えてくれたので今は安堵の気持ちでいっぱいです。こんなことでなかなか遠出ができていませんが、またアンズがちょっとでも歩けるまで調子が戻ったら連れだしてあげたいと願わざるをえません。
はなちゃんブログもまた訪問させてもらいますね~


<< 術後定期検査 アンズの経過 2 >>