東北地方太平洋沖地震
e0149903_1663341.jpg

先日の金曜日、激しい揺れを感じました・・・皆さんは無事ですごしていますでしょうか?地震後、テレビで見る映画のような映像・・・これが現実だと思うとつらいです。目の前で飲み込まれていく自分の家をみている方々、親族の行方が分からない方々・・・本当に言葉を失います。
また、津波が去った後自宅に戻り、愛犬が見つかったという奇跡のような出来事もありました。

金曜日は私は仕事は休みでした。旦那も休みをとっていたのでどこか遠出しようという案もありましたが、なぜかこの日は家のかたずけをしたりして一日を過ごしていました。午後は大型スーパーのコストコに買い出しに行こうかという話もしていたのですが、時間がなくなり、結局近所のスーパーに車で向かいました。赤信号で止まっていた最中になんだか揺れを感じ、周りの景色を見たらビルや電柱、信号が激しく揺れていて、交通は全てストップしていました。それは私たちが家を出発して2分ぐらい経ってからのことでした。あまりにすごい揺れで、私の頭の中は家に残してきたワンズのこと・・・そのまま助手席をおりて走って家に戻りました。家の前のビルは外壁の工事をしていて工事の人が「足場が崩落するから通るな~」ってどなっていましたが、もうそんなことどうでもよくて走ってその場を抜けて自宅に向かっちゃいました。家に入った途端、玄関が水び出しになっていました。海水魚の水槽の水が激しい揺れであふれかえってしまっていました。でもそれよりも犬が心配で部屋に入ったら、一番怖がりなすみれはベッドルームに逃げ込んで怯えていました。俊は興奮状態。唯一動じていなかったアンズ、いびきをかいて椅子の上で寝ていました。リビングでは額縁が落下していましたが、ガラスは割れていなくて木枠が壊れてしまっていました。幸い我が家は物を置くのが嫌いなのであんまり物を置いていなかったのが良かったんです。
その後、再び余震が来たときはみんなを腕に抱えて家の片隅でおさまるまで待っていました。
この日は結局買い出しが出来なかったので、翌朝開店とともにスーパーに行ったら、開店前からすごい行列、レジでも長蛇の列で大混雑でした。うちは単なる普段の食材しか買っていませんが、周りの人たちはお米とか、コンロのボンベ、トイレットペーパー、カップラーメンとかを買い込んでいました。みんなすごいなあ・・・なんて思って見ていました。
そして今日は、ガソリンスタンドではガソリンが供給できなくなっていて車の列ができていました。
結局、満タンとかにはできなくて、給油量を制限されてしまいました。
週明けには計画的に停電も実施されるし・・・・なんだかすごい災害になってしまっていますよね。
それでも、東北地方の方々はもっと悲惨な状況なんだから、普通に生活できる私たちは出来る範囲の協力をするとともに、復興に向けて一丸となって頑張っていかないといけないなって思いました。
うちは実家の両親も無事でした。アユもパニックになったようでしたが無事に両親と一緒にいたようでなによりです。
まだまだ余震は続いていますし、放射能漏れも大きな問題になっています・・・どうぞ今後もみなさん気を付けてお過ごしください。
大好きだった大洗海水浴場、日立市・・・そしていつかは行きたいって思っていた三陸沖の海岸・・・早く復興して被災した人々に平穏な日々が戻りますように!!
by sumianzushun | 2011-03-11 16:05 | その他


<< 今何ができるのでしょうか・・・ 南房総 >>