<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ひとつの節目を迎えて・・・
4月14日にアユが脳腫瘍があると判明してから2カ月たちました。
脳腫瘍の場合は余命は大体2カ月だという宣告もうけました。
それは私たち家族全員にはとっても受け入れがたい事実でありましたが、その宣告の2カ月目が過ぎました。

その後、アユはステロイド剤、痙攣発作抑制する薬(抗てんかん薬)、抗生剤などで大量の薬を服用するようになりました。
やはり体にきつい薬を大量にのむことで副作用に悩まされました。
1.肝臓の数値が急激に悪化したこと
    抗てんかん薬&ステロイド剤は必ずと言っていいほど肝臓の数値を悪化させる副作用があるらしく
    ある程度の数値は仕方がないとのことでした。ただ、あまりに悪化した場合は肝臓を強化する
    薬を別途服用する必要が出てくるとのことでした。
    →スミレの肝臓のALPの数値はアユの1300とは比較にならないほどの悪かったので私的には
      アユの数値はそこまで心配には至りませんでした。
      むしろALPよりもGPT,GOTが悪化していたことに不安を感じていました。
2.膀胱炎になってしまったこと
     頻尿になり、かなりの細菌があることがわかりました。早急に抗生剤を服用して収まりました。
3.目がうつろになってだるそうな感じになってしまいました。
     脳圧を下げる薬の量を若干減らしてみたことで今は上手にコントロールができているみたいです。

この2ヵ月間アユも相当頑張ってくれたと思います。副作用に悩まされましたが、宣告された2カ月を無事迎えました。寝る時間が増えたもののアユは発作もなく普段通りに過ごしてくれています。
私達家族はこの2カ月を無事迎えられたことに安堵しています。その一方で、次なる目標の10月の誕生日まで頑張ってほしいと新たな希望が出てきています。

アユが癌と分かってから、アユの毎日の食事は炭水化物を控え、脂肪分の多い食事に変わりました。主に魚と肉、適度な緑黄色野菜を中心とした食事です。そしてストレスを与えない生活。
これ以外に、キングハナビラ茸の錠剤とオメガ3のサプリメントを服用させています。
実は、このキングハナビラ茸は父親の知り合いの犬が腫瘍があったのですが、これを服用したことで腫瘍が改善されたり、肝臓の数値が改善されたりと大きな効果があったということでした。
ちなみに、食事療法なのかサプリメントの影響かは分かりませんが、アユのGPT、GOTの数値が改善されていました。そして2カ月経過した今もアユは普通に過ごしてくれています。

脳に爆弾を抱えているアユ・・・いつ何が起きてもおかしくない状態ですが、今はアユが体調がよさそうな時を見計らって以前のようにみんなと出かけるようにしています。もちろんアユはバギーで移動ですが、それでもこうやって5犬そろって出かけられることを幸せに感じています。
これからは暑くなって出かけることも少なくなるとは思うのですが、アユが快適に日々を過ごせて笑顔を見せてくれるようにみんなで頑張っていきたいと思っています。
とりあえず2カ月という節目を迎えられたこと・・・・本当にうれしく感じています。

e0149903_22582427.jpg
e0149903_22581674.jpg
e0149903_22584423.jpg
e0149903_22583721.jpg
e0149903_22585833.jpg


追加:
アンズは2月4日に手術をしてから4カ月ほど経ちました。
血栓もなくなり、今は手術前以上に元気になりました。
いつ虹の橋をわたってもおかしくなかったアンズが手術でここまで回復するとは思っていませんでした。
今はうるさいぐらいに元気になったアンズ・・・・命をつないでくれた先生方には毎日感謝の気持ちでいっぱいです。
[PR]
by sumianzushun | 2013-06-14 23:01 | 健康 | Comments(11)